Sag Chana

口琴、波紋音、フレームドラム、ダラブカ等を使った、倍音+リズムによるマンダラ絵巻。 倍音豊かな個々の楽器の音色をいかすこととリズムの面白さを追求中。

旋律のないプリミティブな打楽器編成でありながらも、複雑な音色とトランシーなリズムで異空間を作り出す。

かつてシャーマンはドラムのリズムを導きとして、現世とあの世を行き来していた。忘我するのもリズムならば、魂を現世につなぎ止めるのもまたリズム。そんなドラム・マジックへの憧れを胸に秘め、倍音とリズムによるアンサンブルをお届けします。

2007年1月に行われた、口琴と太鼓とベリーダンスのセッションで集まったメンバーが、意気投合したのを機に結成。
2008年 第一回国際口琴フェスティバル in Tokyo 出演
2009年 ゆめ観音アジアフェスティバル 出演
Dakini Night vol.18 出演

Members:

  • 橘川穣 –口琴、波紋音、その他鳴りもの–
  • 久田祐三 –口琴、ダラブッカ、フレームドラム–
  • 箕輪一広 –フレームドラム、ダラブッカ–


Comments are closed.